北海道の大自然の中にある小さなゲストハウス。満天の星空と心癒せる風景に出会える宿です。アットホームな女性専用ドミトリーで女性の一人旅や初めての一人旅でも安心!


みなさんにいただくお問い合わせの中でよくいただく質問です。

  北海道の夏の服装で長袖は要りますか?
  ニセコでは1年で1番暖かいのは7月から8月お盆まで。
最高気温は28度ぐらいまであがるので日中は半袖でも大丈夫です。
でも朝晩は涼しくて時には寒い日もあるので薄いパーカーなどもあったほうがいいですよ。

8月お盆過ぎからは気温は下がってきます。
9月中旬ぐらいまでは普通のパーカーぐらいのものも1枚必要です。

   トレッキング・登山はまったくの初心者でも大丈夫ですか?
  ニセコの山々は羊蹄山以外はほとんどが初心者向けです。
登りが1時間から2時間ぐらい。
岩場もあるのですがゆっくり登れば大丈夫。

JR利用でぐりぐら送迎でいけるのはアンヌプリ イワオヌプリでこの2つの山はニセコ連峰の中でも1番人気の山です。
北アルプス級の高山植物も見れるし絶景の風景も!
天気を見て前の日に相談しましょう!!

危険な天候の時には登らないようにアドバイスしています。
ぐりぐらから歩いていける鏡沼も途中から本物の登山道です。
でも激しい上りもありませんので大丈夫!
1度も山に登ったことのない人でも安全に楽しく登れる山ですので安心してくださいね。

   登山靴(トレッキングシューズ)が必要ですか?
 どの山も沼も本物の登山道です。
岩場は滑りやすいしゴツゴツしてるのでトレッキングシューズがあると歩きやすいですし疲れません。
ですが家族連れでお子様も登ってて普通のスニーカーで登っている人もたくさんいます。
トレッキングシューズ以外の場合はできたら靴底の厚めのスニーカーや丈夫な運動靴がいいかと思います。

革靴やサンダル 薄いスニーカーなどは不向きです。
最近は街でも掃けるようなライトトレッキングシューズもあるので普段履けるようなものがあるといいかも。
カワイイトレッキングがたくさんありますよ~!

   登山の服装は?
  スカート(山スカートは大丈夫)はダメです。
パンツは発汗性のあるものがいいですね。
ジャージでも大丈夫。
ジーンズ・デニムは発汗性がなく 動きにくいのでおススメできません。

アウターも登っているときは暑いのですが山頂は風があったり寒い時もあるので予備ジャケットが必要です。
パーカーやウインドブレーカーとかでも大丈夫。
基本 雨予報は登らないので雨具はみんな持っていきません。
簡易的な雨具を持っていく人もいます。(小さい虫よけスプレーも持ってきてね)

   ラフティングの服装は? 予約は要りますか?
  ラフティングも気温によりますが7月8月ならTシャツ 下はジーパン綿パン以外でショートパンツやハーフパンツでも大丈夫。
アンダーに水着を着ている人もいます。
9月以降で寒くなるとドライスーツを着るので基本的に濡れません。
真夏は川に飛び込んだりして濡れるので着替えを持っていきます。

予約はお盆以外はほとんど前日で大丈夫ですが団体の予約が入ってできない場合もあるので心配な方は事前予約がおススメです。
ラフティングは天気が悪くても(雨でも)できるので前日に天気などで予測をたてて山に行くかラフティングするかを決めてから予約しても平気ですよ。
ぐりぐらで予約すると6000円が5250円でできるし往復無料送迎してくれます。

   洗濯はできますか?
  洗濯は1回200円でできます。
乾燥機はありませんが部屋干しで十分乾きます。
(冬季は除湿機も貸し出しています)
洗剤込みなので洗剤は持ってこなくても大丈夫です。

   初めてのひとり旅でも大丈夫ですか?
 ぐりぐらは初めてのひとり旅の女性がたくさん来ます。
小さな宿でまるで親戚の家に来たようです。
しかもぐりぐらに集まるゲストさんリピーターさん達 みんな優しくてステキです!
なのでひとり旅でも大丈夫。
みんなノープランで3泊以上していきますよ~。
心配なら何度でもお問い合わせ下さいね(^_^)

   楽しい思い出作りができますように!!
  どんな質問で何時でも気軽にして下さいね。
ぐりぐらで楽しい思い出作りができますように応援してますよ!!

みなさんとお逢いできますことを心から楽しみにしてお待ちしております(*^_^*)
 

pagetop